資金調達支援 | 株式会社アクイラパートナーズ

資金調達支援

こんなお悩みありませんか?

資金繰りが厳しい、
銀行からの融資を
納得させる
計画が作れない

銀行融資の
スケジュールでは
間に合わない
支払が発生した、
どうすればよいか

借入も出資も含めて
自社の現状を踏まえた
最適な
資金調達方法を
広く把握したい

順調な企業でしたら融資は比較的行いやすいですが、そうでない場合でも、再生局面で数々の資金調達(広い意味で資金繰りも含め)を成功させてきた、アクイラパートナーズの経験やネットワークをぜひご活用下さい。調達のみならず、返済額の圧縮・担保活用等、柔軟な資金調達も支援します。事業の成長、安定化、事業継続に必要な資金調達において、お客様の財務・事業の状況を確認した上で、調達方法のご提案から各種必要資料の作成、調達先への訪問・説明支援まで一貫してサポートいたします。

アクイラパートナーズの資金調達支援

創業期・安定期における資金調達支援

創業期における創業融資や、プロパー融資、シンジケートローン融資等、事業の成長・安定化に向けた資金調達をご支援します。

再生局面における資金調達支援

再生局面におけるDIPファイナンス(民事再生法、会社更生法の手続申立後から手続き終結までの間に行う融資)やABL(在庫や売掛金等を担保にした動産担保融資)等、難易度の高い資金調達をご支援します。
>金融機関借入の他、増資・換価・納税猶予・支払い条件変更等、その他資金繰り改善を検討されている場合は、経営コンサルティングをご参照ください。

役務の流れとアクイラの特徴

STEP.1

財務状況の診断

財務状況(思い借入状況)を簡易診断し、健全な財務体制の検討を行います。

事業状況・過去来からの金融機関との関係性・担保設定状況・保有資産の状況に応じて調達手法は大きく異なるため初期診断はお客様の有する情報を可能な限りヒアリングさせて頂きます。
また、通常の資金調達の実現が厳しいと判断した場合は予め調達は困難な可能性が高い旨もお伝えさせて頂きます。

STEP.2

調達手法の検討

最新の融資制度や各ステークホルダーの特徴を元に、どこから資金調達するのが最適か?をメリット・デメリットを併せてご提案いたします。

調達先の選択肢として、弊社と繋がりのある投資家や取引先等を無償でご紹介することも可能です。
資金調達は“お金を借りる”だけでなく、“お金を払わない”という選択肢もございます。双方お客様に負担を強いる選択肢になりますが、状況に応じた最適な手法を御提案させて頂きます。

STEP.3

必要書類の作成

事業計画書や返済計画書等、資金調達に必要な各種資料を作成します。

資金の出し手にとって、「今の財務状況は?」・「本当に返済できるの?」・「もしも返せなくなった場合は?」といった疑問を解消する事が必要です。弊社役務では、ヒアリングベースの損益計画のみならず、事業方針・施策・財務3表を整理した上で正攻法での資金調達用資料を作成することを基本方針とします。

STEP.4

調達先への訪問・説明支援

必要書類を持って、調達先への訪問・説明を行います。

金融機関他に年金事務所・国税関係・事業会社・取引先への訪問や説明に帯同して説明支援をすることも可能です。